SSブログ

ヘラブナ釣り&清流釣り [釣り]

昨日の日曜日、1ヶ月ぶりにヘラブナ釣りへ。
・・・・・とは言うもののあまり行く気もせず、
しかし1ヶ月に一度の貴重な1人での自由時間、行かないのももったいない。
でもなぁ、大荷物準備してエッチラオッチラ、疲労の蓄積で体力的にも精神的にも辛い。
釣り台使って最近行っているびん沼や宮沢湖で野釣り、ないな。
かと言って高い金払って管理池で1日っていう気分でもない。
う~む。。。。。
公園の池でのんびりやるかぁ。
出発間際までどこに行こうか悩んで結局板橋区にある見次公園へ。
01.jpg
現着5:00過ぎ。
自転車で来る途中でパラソルを忘れたことに気がつく。
もうスタート時点からテンションがた落ち。。。。。
とりあえず忙しくて仕掛けも作る暇なかったし、仕掛巻きに巻いてあったヒゲセットで開始。

竿9尺、ハリス10-20CM、バラケ:マッハ2:セット専用1:鬼バラ2:水1、食わせ:トロロ昆布
タナ:ウキーオモリ間60CM

数投でウキが動き出しなかなかいい感じ。
開始30分で2バラシ、なんかイヤな感じ。(-_-;)
なんか魚はいるけれどもなかなか食わない。
開始1時間でようやく1枚目。
ヒゲセットは3時間やってちょうど10枚、ツ抜けしたところで飽きてきたのでオカメセットにチェンジ。

竿9尺、ハリス10-60CM、バラケ:マッハ2:段差バラケ2:セット専用1、
食わせ:オカメ(一発(極小))、タナ:ウキーオモリ間60CM

ウキの動き、食いともにこちらの方が断然いい!!
ただやたらとハリを飲み込まれてしまう。
長ハリスのハリ、コムの3号しか結んでいなかったんでハリを大きくするために
アスカ5号、ハリス40CMにチェンジ。
ハリスを詰めたら途端にアタリが飛んだ。(-_-;)
ハリを飲み込まれるのを覚悟で小バリにするか、
このままポツリポツリ拾っていく釣りを続けるか・・・・・。
そんなことを考えていたらウキ止めゴムの下から仕掛け丸ごと持って行かれた。<(@o@)>
運良くウキは回収できたけれどももうオカメセットを続ける気力も失せて底釣りをやることに。
オカメセットは2時間ほどやって色々トラブル続きだったわりには7枚上がった。
ただ、ヒゲセットもオカメセットも、浅棚はどうもここの池にしては型がイマイチ。

竿11尺、ハリス30-40CM、両ダンゴ:特C1:プログラム1:ダンゴの底・夏1:マッハ1:水1.2
タナ:上バリトントン

竿を変えるのは面倒だけど、ここは9尺あたりまで底にネットだかワイヤーだかがあって
根がかりするので11尺でやることに。
久し振りの底釣り、常連さん方は底釣りでもそこそこ上がっているので期待するも
底に変えた途端大ブレーキ。
2時間ダラダラやって4枚のみ。。。。。
もう一度浅棚やるのもなんだかなぁ・・・・・、とか思いつつ、
とりあえず下ハリスを50CMにして30-50CMにした途端
底釣りらしい小さい良いアタリが出だした。
ラスト1時間で9枚追釣、型もまずまず。
02.jpg
トータル30枚ちょうどになったところでエサが切れて納竿。
ラスト1時間、久し振りに満足行く釣りができました。
最初から底やってればよかったかなぁ。
でも、苦手な浅棚の釣り今の時期しかできないし、底は寒くなったらイヤでもやるし。。。。。
とりあえずまずまず満足して帰宅しました。

そして今日は前から予定していたバーベキューの下見を兼ねた高麗川への清流釣りへ。
ただ、ニュースにもなっていた前日電車が止まるほど降った大雨、
どの程度影響があるものか不安を抱えながら始発の電車に乗って出発。
03.jpg
04.jpg
電車が高麗駅を過ぎたあたりで高麗川が見え始めた途端
茶色く濁ったものすごい濁流が目に飛び込んでくる。
終わった。。。。。
とりあえず目的の駅まで行って様子を見てみるも釣りどころの話ではなく、
本来川原のところまで水が押し寄せ大濁流。
こりゃぁ1週間くらいは釣りは無理だな。
高麗川へ川遊びに行かれる方、
濁流は収まってもしばらく速い流れが続くと思うのでお気をつけて。
という訳で次の帰りの電車まで時間があったので
1つ前の駅まで川の様子を見ながらテクテクと。
電車賃払って朝の散歩に来ただけ・・・・・。

帰りの電車から柳瀬川、空堀川の様子を見たら意外に普通の流れ。
このまま帰るのもシャクなので柳瀬川の偵察に寄り道することに。
05.jpg
以前清瀬橋から下流方面に釣り下りて行って惨敗したので
今回は上流方面に川原に下りられそうなところを探してテクテク。
ところが意外に下りられそうなところがない。
下りられそうでも下り口が私有地だったり民家の庭みたいだったり・・・・・。
ようやく下りられるところを見つけたのは下車した清瀬駅よりも
お隣の秋津駅の方が近そうなくらい上流まで来たところ。
とりあえず竿を出して川の様子を見るとメダカくらいのなんかの稚魚が沢山。
これは大苦戦必死!?
釣り始めてすぐに釣れました、チビカワムツ。
ただ、これがほぼレギュラー・サイズ。
デカイのはほぼ皆無。
辛うじてキープサイズか、という10CM超えは3匹のみで全てリリース。
1時間半ほどチビカワムツに遊んでもらって20?30??小さいのばっかり
結構な数釣って10:00前に納竿。
今回ヤマベは出なかったけれども、とりあえず釣れるポイント見つけたのでよしとしよう。
06.jpg
今回入ったポイントはこんなところ。
常連さんらしきお爺さんも途中でやって来たので地元の方には結構知れている所かも!?
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
nice!(64)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 64

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました